CONCEPT

HOME» CONCEPT »住宅用制震ダンパーMIRAIE

CONCEPT

住宅用制震ダンパーMIRAIE

 
 MIRAIEが揺れを吸収する仕組み
MIRAIEは家に伝わる地震エネルギーを効率よく吸収。本震だけでなく、余震にも繰り返し効果を発揮するので、
家をしっかり守りつづけます。
 
※MIRAIEに注ぎ込まれた、住友ゴム独自の制震技術GRAST[グラスト]は、制震テクノロジーを飛躍的に進化させた、最先端の
「高減衰ゴム」。現在、高層ビルや橋梁、業務用IT機器の制振装置など、幅広い分野で実用化されています。
 
 制震の特徴
性能的には、免震構造が最も優れた構造だといえますが、費用が極端にかかることと、メンテナンスも必要で、
また、その費用もかかることから、現在一般住宅では制震構造が主流となってきています。
 制震テクノロジーを飛躍的に進化させた、最先端の「高減衰ゴム」
レース用タイヤの研究・開発で培った先進技術から高減衰ゴムは誕生しました。 現在、高層ビルや橋梁、
業務用IT機器の制震装置など、幅広い分野で実用化されています。 応用性に優れた高減衰ゴムの可能性
はますます広がっています。
 その揺れ一回だけですか?
建物の構造は揺れることで損傷しやすく、強度が低下して
しまいます。連続地震ではこれが繰り返し起こるので脅威と
なるのです。 大きな地震は本震と同じ規模の余震をともなう
ことがあります。
○ 新潟中越沖地震
(震度6強)
最大余震6弱(本震の1分後)
余震回数107回
○ 能登半島地震
(震度6強)
最大余震5弱(本震の8時間後)
余震回数500回以上
【大地震後の復旧費用は?】
阪神淡路大震災のときに、倒壊しなかった家屋の復旧費用は
1棟平均500万円といわれています。
 
 
 MIRAIE 配置イメージ
揺れの運動エネルギーを熱エネルギーに変えて、
吸収・発散。鉄板と高減衰ゴムの間にも「加硫接
着」で強固に接着。揺れからしっかり守ります。
柱だけでなく、基礎から結合されたミライエは、
家の損傷を抑え、補修費の軽減にもつながります。



 
2015/01/17